mini zine set / Racheal House

A4サイズ(八つ折)× 4枚 / リソグラフ

コミュニティをつくるために、異議と変化のためのスペースを作るために、自分達の声を届ける方法がますます必要です。ジンはこれを可能にします。
ーZINE TIPS

(ここで紹介する)オババたちはだれも女神的じゃない。それぞれがほんのちょっとずつ魔女的な性質をもっているけどね。
ーCRONES

私達が社会運動をするとき、市民権のために、抗議したり主張するとき、私達は信念を伝える。左派の政治的デモ・アート(プラカード、ピンバッジ、旗、バナー…)は心を揺さぶる。
—a space of dissent


復活植物って局部用のエストロゲンクリームを塗る前後の更年期のアソコと一緒ね。
—resurrection plant

-------------

レイチェル・ハウスは80年代に大学で哲学を専攻しながら様々な女性の社会活動グループに参加したり多くのパンクバンドのライブを楽しんだ後、90年代に入ってジンを(本格的に?)つくりだして、2000年代からはアートスクールで再び学び、アーティストとして活動をはじめて…と、ずっとパワフルな女性だ。(最近の陶芸作品も爆裂してて最高すぎる。)ジンスタと言えば、なんとなくヤングな層を想像してしまうけど、彼女は私にとって大先輩。彼女自身証明してるけど、ジンをつくるのに遅すぎるということはないのです。

この数年、私は作りたいジンのテーマとして年を重ねることや今の自分が感じるパンクやフェミニズムについて、生活の中で時々たちどまってちょっと考えてみたいトピックを書こうと試してるけど(うまく書けないから同じようなことを繰り返し書くことになってしまっている。)レイチェルさんのジンは自分が探求していきたいことがババ〜ンっと表現されていて、最高な気分になる!

76年から83年まで活動していた伝説の女性パンクバンド“The Hissterics”について寄稿者たちの記憶をつなぎ合わせその実像にせまるファンジン、パンクロックフェミニストのアティチュードやパーソナルな想いが描かれたc(o)unterculture woman's land、90年代からゆっくりと続けているコミックジン・シリーズRed Hanky Panky…どれも大好きなジンだ。

最新作は4冊のミニジンセット。ジンつくるのに年齢関係ないね!ジン、デモ・アートに習って自分を表現してみようジン、(しわくちゃ)おばばファンジン、更年期のアソコと復活植物についてのジン…どのジンも小さい中に彼女のユーモアとかっこいいが詰まってる。その作品に触れるたびに、自分らしく年を重ねることを楽しみたいし、その道中で時々ジンをつくろうという気持ちになります。

¥ 400

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 300円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。